ロッテ 初回無死一、三塁が…伊東監督「違う流れになっていた」

[ 2016年9月10日 05:30 ]

<西・ロ>ベンチの伊東監督

パ・リーグ ロッテ1―8西武

(9月9日 西武プリンス)
 菊池の立ち上がりを崩せなかった。ロッテは初回、先頭・荻野が四球で出塁。続く大嶺翔が初球にバスターエンドランを決めて無死一、三塁とした。

 しかし、リーグ首位打者の角中が「スライダーを狙っていたけれど…」と内角直球に詰まらされ投ゴロ。デスパイネも遊ゴロ併殺打に倒れた。「初回だったね。点を取っていれば違う流れになっていた」と伊東監督。得点は3回の1点だけで、計5併殺。投手陣も15安打で8失点と打ち込まれた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース