ハム中田 3年連続100打点「そんなことはどうでもええ!」

[ 2016年9月10日 05:30 ]

<楽・日>9回2死一、二塁、中田がダメ押し3ランを放つ

パ・リーグ 日本ハム8―2楽天

(9月9日 コボスタ宮城)
 完璧な打球だった。3点リードの9回2死一、二塁で、日本ハム・中田が左腕・川井のシンカーをバックスクリーン左へと運んだ。ダメ押しとなる24号3ラン。勝利を決定づける一撃の手応えをかみしめながら、ゆっくりとベースを回った。

 これでリーグトップを独走する102打点。3年連続で100打点の大台を突破したのは、球団では東映時代の70~72年に大杉勝男がマークして以来2人目の快挙となった。それでも、シーズンの重要局面にあって、記録には興味はない。「そんなことはどうでもええ!」と言いきった。

 今の中田は「チームの勝利」と「チームの優勝」だけが目標だ。守護神・マーティンが左足首を捻挫して離脱するなど、チーム状態は決して万全とは言い難い。「ソフトバンクも柳田さんがいなくて相当苦しいと思うが、うちもそれ以上に重たい。そこもみんなでカバーしていかないといけない」。14年に続く2度目の打点王も視界に入るが、4番は「前回は一日で落ちたのでそういうことがないようにしたい」とチームのことしか考えていない。残り17試合。栗山監督も「やっぱり最後に勝負を決めるのは主役だから…」と期待した。 (横市 勇)

 ≪3年連続シーズン100打点≫中田(日)が3年連続でシーズン100打点に到達した。日本人打者で3年連続100打点以上は06~08年村田(横浜)以来。日本ハムで100打点以上が3度は大杉、小笠原と並ぶ最多で、3年連続は70~72年大杉以来44年ぶり2人目。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース