ロッテ育成・柿沼 支配下アピール二塁打「いったと思ったけど…」

[ 2016年7月15日 05:30 ]

<全ウ・全イ>肩を組んでジャンプしながら記念撮影する(左から)柿沼、マーくん、オコエ、平沢、肘井

フレッシュオールスターゲーム 全イースタン6―1全ウエスタン

(7月14日 倉敷)
 途中出場のロッテ育成選手、全イースタン・柿沼が9回に左中間二塁打。「(スタンドまで)いったと思ったけどパワー不足でした」と苦笑した。

 ロッテの支配下選手は現在64人。7月末時点で支配下選手が65人以上いないと育成選手を保有できないため、球団は柿沼らの昇格を検討している。イースタン・リーグで打率・276をマークする柿沼は「今月が支配下登録の締め切りなので、アピールになった」と喜んでいだ。

 ▼全イ、ロッテ・平沢(1安打)MVPを狙ったけど無理だった。次は上の球宴に出たい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース