【兵庫】須磨翔風・才木 無念敗退 日米12球団視察も評価変わらず

[ 2016年7月15日 05:30 ]

<報徳・須磨翔風>8回5失点の須磨翔風・才木

第98回全国高校野球選手権兵庫大会2回戦 須磨翔風1―5報徳学園

(7月14日 ベイコム尼崎)
 日米12球団25人のスカウトが視察に訪れたが、須磨翔風・才木は2回戦敗退に「3人で打ち取りたい気持ちが強く、力んでしまった」と涙を流した。

 8回を被安打11で5失点。それでも1メートル87の長身から投げ下ろす直球とスライダーが魅力の右腕について、広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「腕も肘も柔らかくバランスがいい」と評価した。プロ志望届について、才木は「出そうと思います」と次のステージを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース