西武・呉念庭 思い出の地で2安打「岡山は特別な場所」

[ 2016年7月15日 05:30 ]

<全ウ・全イ>5回無死一、三塁、3ランを放ち、笑顔で呉念庭(左)らとタッチをかわす岡本

フレッシュオールスターゲーム 全イースタン6―1全ウエスタン

(7月14日 倉敷)
 台湾出身ながら日本の高校、大学に通い、ドラフト7位で入団した西武の新人、全イースタン・呉念庭(ウー・ネンティン)が、2回に適時打を放つなど2安打1打点。

 共生時代に3年間を暮らした岡山で躍動した。巨人・岡本、楽天・オコエと並んだヒーローインタビューでは「岡山は特別な場所だし、スタメンが決まった時は凄くうれしかった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース