OFBL春季リーグ F組東京ガスは5戦5勝V「年間10勝を」

[ 2016年7月15日 05:30 ]

優勝カップを手にする王子HD・島村元明取締役専務グループ経営委員(左)とF組優勝の東京ガス・高橋秀文顧問

 45歳以上の経済人による軟式野球、OFBL(オーバー・フォーティー・ベースボール・リーグ=スポニチ後援)の16年春季リーグ納会が14日、東京・丸の内の日本工業倶楽部で行われた。表彰式ではO組優勝の王子HD・島村元明取締役専務グループ経営委員、F組優勝の東京ガス・高橋秀文顧問に、当番会社の東京ガスから日本工業倶楽部杯と優勝ペナント、スポーツニッポン新聞社・河野俊史代表取締役社長からはスポニチ杯が贈られた。

 F組の東京ガスは5戦5勝と圧倒的な強さで07年秋以来の優勝。昨秋はO組4位に沈みF組降格の憂き目を味わったが、2季ぶりのO組復帰を決めた。高橋秀文オーナーは、イチロー(マーリンズ)の「夢は近づくと目標に変わる」という言葉を挙げながら「年間10勝を目指して頑張りたい」と宣言。最高殊勲選手に輝いた国府田等外野手も「秋は首位打者とMVP、年間10勝を目指します」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース