【神奈川】藤沢西 凸凹コンビが活躍 “藤沢対決”制す

[ 2016年7月15日 05:30 ]

本塁打を放った藤沢西の淀瀬(左)と、1安打1打点を挙げた幸田

第98回全国高校野球選手権神奈川大会1回戦 藤沢西8―0藤沢工科

(7月14日 藤沢八部)
 藤沢西が凸凹コンビの活躍で藤沢工科との「藤沢対決」を制した。

 2回に1点を先制した直後に1メートル52の9番・幸田が左前適時打。「スライダーを狙っていた。力が抜けてしっかりスイングできた」と汗を拭った。4回には1メートル81の淀瀬が右越えソロ。2週間前に右手親指を剥離骨折し、この日の朝に初めてフリー打撃を再開。「本塁打を打ちたいと思っていたので良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース