【神奈川】宮台の母校・湘南 進学校対決制し5年連続初戦突破

[ 2016年7月15日 05:30 ]

<湘南・多摩>6回1失点の好投を見せた湘南・国友

第98回全国高校野球選手権神奈川大会1回戦 湘南8―1多摩

(7月14日 藤沢八部)
 湘南が多摩との進学校対決を制し、5年連続初戦突破。15日には日米大学野球第3戦にOBの宮台(東大)が先発するだけに、川村靖監督は「母校が負けていたら宮台のモチベーションが上がらないから」と7回コールド勝ちを喜んだ。

 エース右腕・国友は6回5安打1失点の粘投。大会前には今春の東京六大学野球リーグ戦で宮台が好投する映像を見て「一球一球に魂を込めて投げていた。自分もそういう投球ができるようにと思った」。5回1死一、三塁のピンチで4番打者を三ゴロ併殺に仕留めるなど、気迫を前面に出した。背番号17でベンチ入りした宮台の弟・大輝は出場機会はなかったが「勝てて良かった」とホッとした様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース