ホームランダービーは大谷が初出場V「盛り上げられてよかった」

[ 2016年7月15日 18:28 ]

<全パ・全セ>ホームランダービーで、優勝を決める豪快な一発を放つ日本ハム・大谷

マツダオールスターゲーム2016第1戦 全パ―全セ

(7月15日 ヤフオクD)
 マツダオールスターゲーム2016は15日、ヤフオクドームで第1戦が行われ、試合前のホームランダービーにはパ・リーグから柳田(ソフトバンク)と大谷(日本ハム)、セ・リーグからは山田(ヤクルト)と筒香(DeNA)が出場。大谷が初出場初優勝を飾り、賞金50万円を獲得した。

 ホームランダービーは4選手(セ・パ各2人)のトーナメント方式で行われ、7アウト(本塁打以外はアウト)になるまでの本数を競う。見逃しはカウントしない。1回戦の第1試合は柳田と筒香が対戦、まさかの0本に終わった筒香に対し、柳田が6スイング目に左中間に叩き込んで勝利。続く第2試合は大谷が3連発を含む6アーチを放ち、5本に終わった両リーグ最多のシーズン29発の山田を撃破した。

 決勝は2本に終わった柳田に対し、大谷が3発を放ち、頂点に立った。大谷は5スイング目まで不発だったが、6スイング目に一発。さらに残り1アウトから右翼席、そして最後はバックスクリーン左への特大弾で勝利を決めた。

 投手としてファン投票で選出されながら計9発で堂々のホームラン王。右手まめの影響で登板は回避となるが「投げられなくて残念ですけど、こういうところで盛り上げられてよかったです」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース