登録は9人だけ 熱中症で没収試合 卓球部員も頑張ったが…

[ 2016年7月15日 21:02 ]

第98回全国高校野球選手権佐賀大会2回戦 太良―鹿島実

(7月15日 みどりの森県営)
 佐賀県立森林公園野球場で行われた佐賀大会2回戦の太良―鹿島実で9人登録だった太良の選手が体調不良となり、人数不足で試合を続けられずに没収試合となった。太良によると、選手は熱中症で病院に搬送されたが軽症という。野球規則により、9―0で鹿島実の勝ちとなった。

 2―37とリードを許して守備の時間が長く、5回表の守備に就く際に1人が手足のしびれを訴えたという。部員が8人のため、卓球部員1人を加えて臨んだ舞台だった。坂井監督は「最後まで試合をさせてあげたかった気持ちはあるが、命に別条がなく、ほっとしている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月15日のニュース