西武エース岸、5回無失点でも制球に「気に入らないところある」

[ 2016年3月21日 18:34 ]

巨人戦に先発し、5回を1安打無失点の西武・岸

オープン戦 西武0―1巨人

(3月21日 東京ドーム)
 西武のエース岸が5回1安打無失点で最後のオープン戦を終えた。制球良く内外角に投げ分けて7奪三振の好投に見えたが、真ん中付近にいった球が数球あったといい「気に入らないところがある。微妙なコントロールなんですけど」と満足はしていなかった。

 昨年はキャンプからけがに悩まされたが、仕上がりは万全のようだ。「故障もなくできたので十分だと思う。一試合一試合、しっかり調整していきたい」と巻き返しのシーズンへ意気込んだ。

 ▼田辺監督(オープン戦を終え)「ピッチングスタッフはそろっているし、野手もレギュラーが固まってきたので悩み無く開幕を迎えられるかな」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース