DeNAドラ3位・柴田 開幕スタメン決定 ラミ監督二塁か遊撃で起用明言

[ 2016年3月21日 05:30 ]

<D・楽>4回無死、柴田が中越えに三塁打を放つ

オープン戦 DeNA5-6楽天

(3月20日 横浜)
 DeNAのドラフト3位・柴田が開幕スタメンを勝ち取った。オープン戦で横浜スタジアムに球団初の「大入り札止め」となる2万7625人が集まった中、中越え三塁打など2安打をマークした。

 オープン戦の打率を・400(30打数12安打)とし、試合後にはラミレス監督が二塁か遊撃での開幕スタメン起用を明言。柴田は「うれしい。どのポジションでもしっかりと準備をしてやるだけ」と力を込めた。

 国学院大出身の左打者。キャンプでは初実戦から6試合無安打と苦しんだ。そんな時に主将の筒香から「顔が死んでるぞ。打てない時こそ元気出せよ」と声を掛けられ、気持ちが楽になったという。打撃好調の現在も浮かれる様子はない。筒香からは「オープン戦と公式戦では投手の球が違う」と聞いている。「今、成績がいいのはたまたま。シーズンで結果を残せるように」。22歳はそう言って気を引き締めた。 (中村 文香)

 ▼DeNA・筒香(左太腿の張りと疲労の蓄積で2試合欠場し、3試合ぶりに先発復帰して3打数1安打1打点)(左太腿は)全く問題ない。開幕へ向けて、いい準備ができている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース