ヤクドラ1原樹 プロの洗礼 13イニング目で初失点

[ 2016年3月21日 05:30 ]

<日・ヤ>2回無死、大谷に先制ソロを打たれた原樹

オープン戦 ヤクルト2-5日本ハム

(3月20日 札幌D)
 ヤクルトドラフト1位・原樹がプロの洗礼を浴びた。

 2回に2死から打席に立って中飛に倒れた後、すぐにマウンドへ。先頭の大谷に被弾し、オープン戦4試合、13イニング目で初失点。シュートやカットボールも含めた速球系を投げ続けて打ち込まれ、4回9安打4失点だった。東洋大時代の東都大学リーグは指名打者制。そのため打席に立っておらず「打席に立ってこういう(すぐに投げる)形を初めて経験した。もっと冷静になってカーブとか使えばよかった。打者しか見えていなかった」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース