阪神・岩貞 ラストOP戦で5回1失点 先発6番手へアピール

[ 2016年3月21日 15:01 ]

<オ・神>力投する岩貞

オープン戦 阪神2―2オリックス

(3月21日 京セラD)
 阪神・岩貞祐太投手(24)が21日、オリックス戦(京セラドーム)に先発し、5回5安打1失点、7奪三振と開幕ローテーション入りへアピールした。

 スライダー、カットボールとキレ味鋭い変化球を駆使して、相手打線を翻弄(ほんろう)。キャンプ中に左肩の張りを訴えて、2軍落ちしていたが、チーム最後のオープン戦で先発機会を与えられ、結果で応えた。秋山、島本と争う先発6番目の座へ一歩も退かない。

 香田投手コーチは岩貞について「先発6番目を争う中、非常にいいアピールになった。躍動感のあるマウンドさばきを見せてくれた」と称賛のコメントを並べた。プロ3年目の左腕。かけられる期待は大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース