西武・山川 開幕スタメン見えた OP戦4号で田辺監督示唆

[ 2016年3月21日 05:30 ]

<巨・西>8回2死二塁、左中間に2ランを放った山川はチームメートに出迎えられる

オープン戦 西武7-3巨人

(3月20日 東京D)
 「おかわり2世」こと西武の山川が巨人戦でオープン戦4号を放ち、自身初の開幕スタメンに一歩近づいた。

 2点リードの8回2死二塁、外角のフォークを左中間席へと運び「越えろ!と思っていた。本塁打はやっぱりうれしい」。昨季は1軍で代打の1打席に終わったが、このオープン戦は14試合で44打数15安打、打率・341、4本塁打と絶好調だ。「山川も打っているし、今のメンバーがベストなのかな」と田辺監督。目標にしていた開幕スタメンがいよいよ現実味を帯びてきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース