肉汁広がり10分完食 清原被告差し入れ焼き肉弁当食べた

[ 2016年3月21日 06:00 ]

差し入れられた弁当を食べるスポニチ本紙記者

 清原被告の差し入れの焼き肉弁当は、白米の上に焼き肉6切れが乗っていた。付け合わせはナムルとキムチ。

 肉を口に入れると肉汁が広がった。脂っこくはなく、高級な肉を使っていると感じた。手元に届いてから約2時間半後に食べたが、タレでしっかり味付けされた肉はまだ柔らかかった。

 ナムルのホウレン草とモヤシは、どちらもごま油が効いていた。キムチは辛すぎず、口直しとしての役割をしっかり果たしていた。約10分で完食した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース