イチロー 45歳まで現役の元名遊撃手と共感“大きな筋肉はいらない”

[ 2016年3月21日 05:30 ]

キャンプ施設に向かうマーリンズのイチロー

 タイガースとのオープン戦は降雨中止となり、マーリンズのイチローは開始前にタ軍のオマー・ビスケル一塁ベースコーチと談笑した。

 インディアンスなどでゴールドグラブ賞に11度も選ばれた名遊撃手で45歳まで現役を続けた。ビスケル・コーチは、42歳で現役最年長のイチローについて「凄い実績に感心していることを直接伝えたかった。大きな筋肉はいらない。柔軟性が大切という考えは一緒だった」と話した。 (ジュピター・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース