智弁学園 開幕星!新4番・福元先制V撃、初回に2点二塁打

[ 2016年3月21日 05:30 ]

<智弁学園・福井工大福井>初回1死一、二塁、智弁学園・福元は中越えに適時二塁打を放つ

第88回選抜高校野球大会1回戦 智弁学園4―0福井工大福井

(3月20日 甲子園)
 開幕し2年ぶり10度目出場の智弁学園(奈良)は、開幕戦で福井工大福井(福井)と対戦し4―0で勝って2回戦に進出した。初回に4番・福元悠真外野手(2年)の2点二塁打で先制するなど9安打4得点。投げてはエース右腕の村上頌樹投手(3年)が10安打を許しながらも完封した。2回戦は鹿児島実(鹿児島)と対戦する。

 開幕カードという、何とも言えない独特の雰囲気を智弁学園の新4番のバットが振り払った。初回2死満塁のピンチをしのいだ直後の攻撃。2四球でもらった1死一、二塁のチャンスを福元が逃すはずもなかった。1ボールから真ん中高め直球を叩いた打球は背走する相手中堅手のグラブを越えワンバウンドでフェンスに当たる二塁打。2人の走者を迎え入れた。

 「ピンチの後にはチャンスが来ると思っていた。見逃せばボールだと思う。真っすぐに(ヤマを)ハリハリだったから体が反応しました」

 昨秋までは5番を打っていたが、冬場の成長や勝負強さを買われ練習試合が解禁された今月上旬から4番に昇格。「4番はチームの柱。情けないバッティングは出来ませんから」。チームとしての開幕戦は今回で3度目。過去2回はいずれも夏の大会で1981、82年は敗れており、3度目の正直でもあった。「歴史を変える意味でも勝とうと思っていました」。

 甲子園は奈良葛城ボーイズに所属した中学時代にタイガースカップで計3安打した思い出の場所でもある。スタンドで見守った父・信之さんは「まさか(入学して)1年で甲子園に連れて来てもらえるとは思わなかった。やってくれると思っていた」と孝行息子の勇姿に興奮を隠せなかった。

 旧4番も負けてはいない。7番に入った大橋は4回無死二、三塁から三遊間突破の2点適時打。「打ったのは内角スライダー。(7番で)楽に打てたけど2年生に4番を取られたのは悔しい。夏には取り返したい」と振り返る先輩としての意地の一打でもあった。

 小坂将商監督は「初回のワンチャンスを生かせたのが大きかった。あの(福元の)一打でチームが落ち着いた。大橋は悩みに悩んでいた。ぼく自身も悩んだ。結果を出してくれたのが嬉しい」と、ともに結果を出した新旧4番を称えた。

 投げてはエース村上が粘りの投球で完封勝利。投打の歯車がかみ合い、悲願の日本一に向け最高のスタートを切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース