滋賀学園 聖地初星!エース神村耐えて完投、打線強力援護

[ 2016年3月21日 05:30 ]

<桐生第一・滋賀学園>4回、ピンチを切り抜け笑顔でベンチに戻る神村と後藤(右)の2年生バッテリー

第88回選抜高校野球大会1回戦 滋賀学園9―5桐生第一

(3月20日 甲子園)
 開幕し初出場の滋賀学園(滋賀)は桐生第一(群馬)を9―5で破り、待望の聖地初勝利を挙げた。エース右腕の神村月光投手(2年)は11安打を浴びながら、10三振を奪い、5失点完投。攻撃陣も11安打で9得点と効率良い攻めを見せた。

 集中打を浴びた終盤。神村はマウンドで少しだけ空を見上げていた。夜空に浮かぶ月を眺めると、心は自然と落ち着いた。「いつも見ている月なので、気が楽になりました」。7回に3点、8回に2点を失って迎えた最終回。先頭打者に左前打を浴びたが、後続を3人で打ち取り、待望の聖地1勝を呼び込んだ。

 「うれしい反面、しんどかったです。気の緩みというか、9点差あったので、1点はいいやという考えで(コースが)甘くなってしまった。(出来は)50点です」

 被安打11の10奪三振、5失点完投に1メートル70の小さな右腕は苦笑いを浮かべた。

 沖縄出身、同郷の仲間の一撃に燃えた。2回に小浜の右前適時打で3点を先制してもらった。これで楽になり、快調なペースで6回までスコアボードに0を並べた。「(小浜と)沖縄から夢の舞台に来た。緊張していたらもったいない。楽しもうと話し合っていました」と笑った。

 『月光』と書いて『ひかり』と読む。神村は命名の由来をこう説明した。「月は自ら光を放たない惑星ですが、夜は太陽の光を受けて輝く。太陽の光を仲間の助けにたとえ、地球をこれからの仲間とたとえる。地球に光を、希望を与えるように」。高校入学後、初めて公式戦を観戦してくれた父・盛徳さんがつけてくれた名前はお気に入りだ。名前通り、仲間を助け、仲間に助けられてつかんだ1勝だった。

 終盤に変化球が高めに抜けたが、この日最速の140キロを計測した直球に90キロ台のカーブ、縦のスライダーは効果的だった。「無駄なマウンドにしないようにしたい。次に生かします。2回戦突破へ向けて頑張ります」。勝利に浮かれることなく、次戦を見据えた。 (吉仲 博幸)

 ▼滋賀学園・神村の父・盛徳さん(53) すごいですね。うれしいです。1年でここ(甲子園)に来てくれるとは思わなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース