開星エース吉川、制球甘く6失点「まだまだ通用しない」

[ 2016年3月21日 17:28 ]

<八戸学院光星・開星>先発した開星・吉川
Photo By スポニチ

第88回選抜高校野球大会1回戦 開星2―6八戸学院光星

(3月21日 甲子園)
 開星の吉川は制球力の重要性を痛感させられた。1回から140キロ台の速球を軸に投げ込んだが、相手強力打線は甘い球を見逃さず6失点。「全国ではまだまだ通用しない。もっとコースを突かないと」と振り返った。

 2―4の6回には遊撃手の失策からさらに傷口を広げた。山内監督は「(甲子園で)守りのミスでの失点は取り返せない。投手を含めて守備を見直したい」と夏に向けた課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース