中日ドラ1小笠原、4番手で1回無失点「悪いなりに投げられた」

[ 2016年3月21日 21:09 ]

<中・ロ>1回を無失点に抑えた小笠原

オープン戦 中日1―4ロッテ

(3月21日 ナゴヤドーム)
 中日の新戦力もオープン戦を終えた。ドラフト1位左腕の小笠原は、ロッテ戦(ナゴヤドーム)の8回に4番手で登板。先頭打者に安打を許したが、後続を抑えて1イニングを無失点だった。期待の18歳は「悪いなりに投げられた。チェンジアップが効いていた」。

 また、夫人の出産に立ち会うために米国に一時帰国し、20日に再来日したばかりの新助っ人・ビシエドがチームに再合流。3回の適時打などマルチ安打をマークし「思った以上に動けた。ジャストミートを心掛けた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月21日のニュース