沢村プロ初セーブ 2死から被弾反省「信頼されるクローザーに」

[ 2015年3月28日 05:30 ]

<巨・D>沢村(背番15)からウイニングボールを手渡される巨人・菅野(右)と迎える原監督(左)

セ・リーグ 巨人3-2DeNA

(3月27日 東京D)
 巨人新守護神の沢村がプロ初セーブを挙げた。2点リードの9回に登板。2死から代打・関根にソロ本塁打を浴びたが、リードを死守した。

 オープン戦は5試合5イニングを無失点だった右腕は「安易に(ストライクを)取りにいった球を打たれた。点を取られたのはしっかり反省したい」。今後に向けて「信頼されるクローザーになれるよう、結果を残していかないと」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース