東北勢悲願の初優勝遠く…仙台育英 1球に泣く「自分の弱さ出た」

[ 2015年3月28日 05:30 ]

<敦賀気比・仙台育英>ベンチ前に整列する仙台育英の佐藤世。8回2失点の好投も涙をのんだ

第87回センバツ高校野球第7日・2回戦 仙台育英1―2敦賀気比

(3月27日 甲子園)
 1球に泣いた。仙台育英のエース右腕・佐藤世は「ボール球を見せてからフォークで勝負しようと思ったが、中途半端に投げてしまった。自分の弱さが出た」と悔やんだ。5回2死二、三塁。林中をフォークボール2球で簡単に追い込んだ。外角高めのボールゾーンへの直球のサインにうなずき、投じた3球目。134キロはシュート回転して甘く入り、右前に運ばれ2点を失った。

 5回以外は無失点。最速143キロの直球と球速、落差の異なる2種類のフォークを軸に8三振を奪った。それだけに「ちゃんと集中していれば、あそこに投げていなかった」と唯一の失投を猛省。昨秋の神宮大会を制し、優勝候補に挙げられながら2回戦敗退。東北勢悲願の初優勝はまたもお預けになった。最後の夏に向け「バットに当てられない球を身につけたい」と雪辱を誓った。

 ≪2回戦敗退≫昨秋の明治神宮大会で優勝した仙台育英が2回戦で敗退。前年の同大会優勝校が8強に残れなかったのは、09年慶応が1回戦で敗退して以来。両大会の連覇は01、02年報徳学園を最後に出ていない。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース