楽天、デーブ監督初勝利!レイ来日初勝利!松井裕プロ初セーブ!

[ 2015年3月28日 17:48 ]

<日・楽>4回、1点を追加し、手をたたく大久保監督

パ・リーグ 楽天4―2日本ハム

(3月28日 札幌D)
 楽天が日本ハムの反撃を振り切り、今季から正式にチームの指揮を執る大久保監督に初勝利をプレゼントした。

 楽天は2回に相手のバッテリーミスと藤田の中前適時打で先制。その後も3回に松井稼の適時打、4回には再び藤田が犠飛を放ち、小刻みに得点を重ねた。

 先発は台湾球界から2年ぶりに楽天へ復帰したレイ。13年の日本一を知る右腕は打線の援護にも助けられ、5回までを投げて無四球で5安打1失点と好投。6回からはリリーフを仰ぎ、うれしい来日初勝利を挙げた。なお、最後に試合を締めた松井裕もプロ初セーブを記録した。

 日本ハムは先発の武田勝が2回に四球絡みで楽天に先制を許すと、この後もリズムに乗ることができずに失点を重ね、4回途中で降板。3回0/3、6安打2四球4失点という内容で試合を作れなかった。

 打線は4回にハーミッダの左前適時打で反撃開始。7回には代打・岡のあわや本塁打かという右中間への適時二塁打で楽天に追いすがるも、あと一歩届かなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース