先制打の長野 井端のファウルで「クイックのタイミングが計れた」

[ 2015年3月28日 05:30 ]

<巨・D>初回1死二塁、長野は左中間フェンス直撃の適時二塁打を放つ

セ・リーグ 巨人3-2DeNA

(3月27日 東京D)
 巨人3番の長野が初回1死二塁から左中間フェンス直撃の先制二塁打を放ち、チームを勢いづけた。

 オフの右肘と右膝の手術を乗り越え、迎えた開幕。「この舞台に立つことができたので、サポートしてくれたいろんな人に感謝しています」と感慨深げに話した。直前の打席での井端のファウルの粘りを「あれで(久保の)クイックのタイミングが計れた。さすがです」と感謝。自身の打撃については「まぐれ、まぐれです」と謙遜しつつ「感じは悪くない。もっと上げられると思います」と前を向いた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース