大曲工 10安打もホーム遠く…「しつこさをもう少し」

[ 2015年3月28日 05:30 ]

<浦和学院・大曲工>2回戦で敗れた大曲工ナイン

第87回センバツ高校野球第7日・2回戦 大曲工1―5浦和学院

(3月27日 甲子園)
 大曲工(秋田)は浦和学院をしのぐ10安打を放ったが、得点は初回の本塁打による1点のみ。

 1回戦で昨年のセンバツ覇者・龍谷大平安(京都)戦で11回無失点だった浦和学院の江口を捉えてはいたが、阿部大樹監督は「ただ打つだけに集中してしまったことが反省点。1点を取るしつこさを、もう少し表現するべきだった」と自らの指揮を悔いた。先制本塁打の赤川は「冬に食事改善から取り組んだ成果で、スイングの速さは負けていなかった。夏に甲子園でもう一度やって勝ちたい」と再戦を願った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース