オリ中島、1安打も古巣ブーイング「打席に入ったら聞こえない」

[ 2015年3月28日 08:40 ]

<西・オ>6回1死一塁、左翼線二塁打を放つ中島

パ・リーグ オリックス0-1西武

(3月27日 西武D)
 3年ぶりに日本球界に復帰したオリックス・中島は4番に座ったが、初回2死二塁で迎えた第1打席では古巣のファンから痛烈なブーイングを浴びた。

 三塁を守る中村が苦笑いするほど。「打席に入ったら聞こえないから」と集中したが、遊ゴロに倒れた。それでも6回1死一塁では意地の左翼線二塁打を放った。チームは5安打零敗で4年連続で黒星発進となってしまい「1本出たのであすにつながる。今度はチャンスで打てるようにしたい」と前を向いた。

 ▼オリックス・森脇監督 牧田は打ちづらかった。低めを狙っていたが、高めに手を出してしまった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース