PR:

阪神、球団74年ぶり開幕サヨナラ勝ち!マートン延長10回劇打

<神・中>サヨナラ打のマートンは西岡(右)から勝利の美酒ならぬコーラを浴びせられる

セ・リーグ 阪神5-4中日

(3月27日 京セラD)
 プロ野球が27日、セ・パ同時に開幕した。阪神は京セラドーム大阪に中日を迎え、延長10回にサヨナラ勝ち。マット・マートン外野手(33)が2死三塁から左前打を放った。チームは1リーグ時代の1941年以来74年ぶり2度目のサヨナラ勝利発進。球団創設80周年のメモリアルイヤーは最高のスタートを切った。

 この試合へかけるナインの思いを、そしてファンの願いをこん身の一振りに込めた。球団創設80周年のメモリアルイヤーの開幕戦は劇的なフィナーレが待っていた。4―4の延長10回2死三塁。マートンのバットが最高の結果を生んだ。

 「(タイガースファンは)メッチャ ダイスキ! イツモアリガトウ! 本当にチームの勝利に貢献できたことがうれしい」

 来日6年目での開幕戦でのお立ち台。慣れた日本語で興奮気味に叫んだ。打てると信じていた。4打席目までは凡退。フルカウントから4番手の田島が投じた130キロのスライダーだった。

 「4打席目まで結果が出てなかったけど、信じて打席に入って良かった。ストライクからボールになるボールだと思う。引っかける形だったけどいい結果になって良かった」

 打球が遊撃手・エルナンデスの頭を越えて左前へ落ちると、ナインがベンチから飛び出し、もみくちゃにされた。ゴメスから抱きかかえられ、称えられた。今季初勝利で味わうウオーターシャワーは心地よすぎた。

 日本では6度目の開幕だが、米国時代を入れても開幕戦の自身ベストゲームとなった。レッドソックス傘下の1Aに所属した04年には2本塁打を含む3安打。カブスにいた06年も開幕レッズ戦で1本塁打を含む3安打を放っていたが、「自分のプレーする中でチームの勝利に貢献することが一番だけど、そういうことを含めても開幕戦の中で一番と言えるくらいうれしいよ」と振り返った。実は“開幕男”だったM砲にとっても、これ以上ない興奮。自らのバットで大きな勝利を呼び、満足そうに笑った。

 「143試合目の1試合目。いい形で勝利できたことは大きい。どの試合も大事だけど、長い目で見たらこの勝利は大きい。去年は日本シリーズに進んだけど、セ・リーグで優勝することが大きな目標」

 メッセ、呉昇桓が踏ん張り、みんながつないだ。クリーンアップの打点揃い踏みも達成した。「チームメートみんなが打てるチャンスをつくってくれた」。1941年の阪急戦以来、74年ぶりのサヨナラ開幕星。「マイカとアンドリュー、5歳と3歳の2人がメッセの家族と応援に来てくれているよ」。悲願の日本一を誓う最強助っ人。最愛の家族に見守られながら、最高の笑顔でスタートを切った。

 ▼阪神・松田(1回無失点で勝利投手)いい流れを大事にしようと思って投げた。ゼロで抑えられて良かった。

 ≪2リーグ制では初≫阪神は延長10回、マートンがサヨナラ打。阪神が開幕戦をサヨナラ勝利で飾るのは、1リーグ時代の1941年4月3日阪急戦(延長18回1―0)以来74年ぶり2度目。50年の2リーグ制以降では初めてだ。

[ 2015年3月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月13日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム