黒田に応援団が開幕戦限定ビッグフラッグ「感謝の気持ちでいっぱい」

[ 2015年3月28日 05:30 ]

笑顔で練習する黒田

セ・リーグ 広島2-4ヤクルト

(3月27日 マツダ)
 大リーグから8年ぶりに復帰した広島・黒田は開幕を迎え、初先発予定の29日に向けて「いろいろ試合を見ないといけないことがたくさんある」と表情を引き締めた。

 試合前、そして7回には、応援団が開幕戦限定でNPBから使用許可を取り付けたビッグフラッグがスタンドで揺れた。06年、FA権を取得した黒田に残留を決意させた、背番号15と「君が涙を流すなら~」のメッセージが記された旗。「全国広島東洋カープ私設応援団連盟」の新藤邦憲会長(66)は「残留を願った9年前とは気持ちが違う。今は感謝の気持ちでいっぱい。感無量です」と話した。29日には応援ボードを1000枚用意し、復帰星を支援する予定だ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース