松山東、初の8強届かずもエース亀岡「悔いはありません」

[ 2015年3月28日 17:07 ]

<東海大四・松山東>松山東先発の亀岡

第87回選抜高校野球大会第8日・2回戦89 松山東2―3東海大四

(3月28日 甲子園)
 1933年以来、大会史上最大ブランクを経て春の聖地に“戻ってきた”松山東だったが、初の8強入りはあと一歩届かなかった。

 初回に4番・米田の左越え2ランで先制。エース・亀岡は7回まで7安打を許しながらも相手に得点を許さず粘りの投球を続けた。

 だが、8回に攻守でミスが出てしまった。表の攻撃で先頭・石山が左前打で出塁も、犠打は投飛となり送れず。さらに米田の打席で一塁走者が飛び出しタッチアウト。追加点を奪えず迎えた裏の守りでは、先頭の遊撃内野安打に一塁悪送球が加わり二進を許すと、そこから一気に逆転を許した。

 試合後、堀内監督は「勝つという気持ちが最後、選手にも私にも出てしまったのかもしれません」と振り返った。それでも「1回戦で勝てたのが奇跡的なものを感じていたので、2回戦は大敗を心配していた。その中で(初回に)米田のホームラン、突破口を開いてくれた」と奮闘した選手を称えた。

 亀岡も「自分たちの力は出せた。悔いはありません」ときっぱり。8回に逆転された一打についても「ボールが甘く、投げた瞬間“しまった”と思ったけれど、そこをとらえてくるあたりはさすがでした。ただ、力を込めたボールなので悔いはありません」と繰り返した。

 後押ししてくれたスタンドの大声援にも感謝した亀岡。「本当にいい経験になりました。夏にまた甲子園に戻ってきて、一緒に校歌を歌いたいです」と“次”を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月28日のニュース