静岡50年ぶり8強!2死から“集中”安本主将今大会初安打がV打

[ 2015年3月28日 05:30 ]

<木更津総合・静岡>4回2死一塁、静岡・安本は左中間に決勝の適時二塁打を放つ

第87回センバツ高校野球第7日・2回戦 静岡4―2木更津総合

(3月27日 甲子園)
 静岡の主将・安本の一振りは、風に乗って左中間深くに伸びていった。4回に同点に追いつき、なおも2死一塁から決勝の適時二塁打。待望の今大会初安打が、静岡に50年ぶりの8強をたぐり寄せた。「始動を早くしてタイミングを合わせた。軽く打ったのに、あれだけ飛んでびっくり。チームも楽になったと思う」と安どの息を吐いた。

 今大会出場校中トップの打率・419を誇る強力打線。先制されても慌てない。4番堀内が「僕たちの持ち味は一気の集中打」と話す通り、1点を追う4回、1、2番が安打と犠打でチャンスをつくり、堀内がしぶとく左前に運んで同点。続く安本が直球を狙い打った。5回は死球絡みで得点圏に置いた走者を大石智が左翼線二塁打で迎え入れた。中盤の得点はいずれも2死からの適時打。集中力の高さが光った。

 2試合連続の逆転勝ちに、栗林俊輔監督は「選手が一戦一戦たくましくなっている」と話した。夏は静岡中時代の1926年に全国制覇した一方、春は28年の4強が最高。復活した古豪の快進撃はどこまで続くか。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月28日のニュース