秋山監督“集大成”へ劇勝発進「何が起こるか分からないですね」

[ 2014年10月15日 22:00 ]

<ソ・日>7回、判定に抗議する秋山監督(右)

パ・リーグCSファイナルS第1戦 ソフトバンク3―2日本ハム

(10月15日 ヤフオクD)
 今季限りでの退任を発表したソフトバンク・秋山監督にとって“集大成”となるポストシーズン。逆転サヨナラでCSファイナルSの初戦を獲った。「野球は最後まで何が起こるか分からないですね」。指揮官はうれしそうにほほ笑んだ。

 3回に先制点を奪い、先発・大隣も好投。だが、なかなか追加点が奪えない展開の中で一度は逆転を許した。「7回ですね。いい点の取られ方じゃなかった」。同点とされ、なおも無死二塁。相手の送りバントを捕手・細川が三塁に送球。タイミングはアウトかと思われたが判定はセーフ。秋山監督はベンチから出て抗議したが判定は覆らず、無死一、三塁から赤田の遊ゴロの間に勝ち越し点を奪われた。

 それでも、自ら育て上げてきたナインはあきらめなかった。「8、9回を0点に抑えたことが(サヨナラ勝ちの)きっかけだったと思う」。大隣から森、森福、五十嵐とつなぎ失点を防いだ。そして9回。先頭・李大浩がカウント2ストライクから四球を選び、続く松田は粘って7球目を中前打。最後は吉村が決めてくれた。

 「本当によく打ちましたね」。大きな1勝を積み上げた指揮官。だが、喜びは一瞬。CS突破、そして日本一へ。その視線はすぐに次の戦いに向いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース