内海、背信…7回途中4失点で降板「本当に情けない」

[ 2014年10月15日 20:00 ]

<巨・神>初回1死二塁、ゴメスに2ランホームランを打たれた内海

セ・リーグCSファイナルS第1戦 巨人―阪神

(10月15日 東京D)
 巨人の先発・内海は7回途中9安打4失点で降板した。初回、先頭の西岡に左前打を許すと、1死二塁から鳥谷に中越え適時二塁打。続くゴメスには左越えに2ランを浴びた。

 2回は3者凡退に抑えたものの、3回には無死一、二塁からゴメスに右前適時打を浴びた。その後の無死満塁は切り抜け、4~6回も無失点に抑えたが、7回2死二塁でゴメスを迎えた場面で交代を告げられた。

 「変化球が高くなったところを打たれてしまっている」と川口投手コーチ。レギュラーシーズンで0勝1敗、防御率5・54と相性の悪い阪神を相手に序盤で失点を重ね、大事な第1戦でチームに勢いをもたらすことができなかった左腕は「左腕は初戦を任されて初回に失点してしまい本当に情けないです」。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース