鳥谷が先制打「ストライクが来たら、という感じだった」

[ 2014年10月15日 22:29 ]

<巨・神>1回1死二塁、先制の中越え適時二塁打を放つ鳥谷
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファイナルS第1戦 巨人―阪神

(10月15日 東京D)
 阪神の鳥谷が2安打で勝利に貢献した。初回1死二塁で初球の変化球を完璧なタイミングで捉え、中越えの先制二塁打。「何とか先に点を取りたいというのがあった。(内海は)対戦が多くないので、ストライクが来たら(打つ)という感じだった」と振り返った。

 三回無死一塁では中前打でつなぎ、ゴメスの適時打に結び付けた。主導権を握った展開に「あしたも先に点を取って、こっちのペースにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース