鳥谷が先制打、ゴメス2ラン!阪神が14イニングぶり得点

[ 2014年10月15日 19:02 ]

<巨・神>1回1死二塁、先制の中越え適時二塁打を放つ鳥谷
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファイナルS第1戦 巨人―阪神

(10月15日 東京D)
 広島とのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでは2試合でわずか1得点と不調だった阪神打線が巨人・内海の立ち上がりを攻め、初回に3点を先制した。

 先頭の西岡が左前打で出塁、上本の一ゴロで二塁に進むと、続く鳥谷が中越えに適時二塁打を放ち先制。福留がソロ本塁打を放ったファーストステージ第1戦の6回以降、14イニングぶりの得点を記録した。「打ったのはスライダー。ツヨシ(西岡)をかえしたいという気持ちでした」と鳥谷。

 続く4番ゴメスは内海のチェンジアップをレフトスタンドに運ぶ2ラン。今季、打率・341、4本塁打12打点を相性抜群の東京ドームで一発を放った主砲は「トリタニサさんをホームに返すことだけに集中していた。ファーストスイングから自分のスイングができた」と胸を張った。

 ゴメスは3回にも無死一、二塁から右前適時打を放った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース