由規 フェニックスL登板見送り、来季復活見据え慎重姿勢

[ 2014年10月15日 07:45 ]

 ヤクルト・由規のフェニックス・リーグでの登板が見送られることとなった。当初は同リーグで2カ月ぶりの実戦登板が予定されていたが、高津投手コーチは「ゲームで投げるのはまだという報告。18日からの(神宮の)秋季練習に参加します」。

 右肩手術からの復活を目指し、6月に約2年ぶりの実戦登板も、8月に右肩の張りを訴え再び遠ざかっていた。来季の復活を見据え今後も慎重に段階を踏み、状態次第では11月に愛媛県松山市で行われる秋季キャンプに参加する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース