中田 CS36打席目の初アーチ!3位からファイナルSは5年連続

[ 2014年10月15日 07:35 ]

<オ・日3>10回無死、中越えに勝ち越しソロを放つ中田
Photo By スポニチ

パ・リーグCSファーストS第3戦 日本ハム2―1オリックス

(10月11日 京セラD)
 日本ハムの中田が延長10回に勝ち越し本塁打。自身CSではファイナルSを含め通算36打席目での初アーチとなった。

 プレーオフ、CSの延長戦は12度目だが、延長戦の決勝弾は10年ファーストS第1戦、ロッテの福浦、13年ファイナルS第2戦、ロッテのブラゼルに次ぎ3本目。ステージ勝ち上がりを決める試合では中田が初めて。

 また中田は12年ファイナルSソフトバンク第3戦で初回にV打となる左越え二塁打を放ち、チームは日本シリーズ進出を決めた。プレーオフ、CSで次ステージ進出決定試合に2V打は和田(西武、中日)の3V打を筆頭に5人目。日本ハムでは中田が初めてだ。

 ≪パ5年連続3位進出≫レギュラーシーズン3位の日本ハムが2勝1敗で制し、2年ぶりのファイナルS進出を決めた。パ・リーグのCSで3位チームのファーストS突破は5年連続。04~06年のプレーオフを含めパでは3位チームが11度中7度突破と2位チームの4度を大きく上回っている。ただし、セCSの3度も含めて3位から突破した過去9チーム中、ファイナルSも勝ち上がり日本シリーズに進出は10年ロッテのみ。日本ハムが史上2度目の下克上に挑戦する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース