西武 田辺監督がオーナー報告「借金14に終わったことを謝罪した」 

[ 2014年10月15日 19:17 ]

 西武の田辺徳雄新監督は15日、埼玉県所沢市の西武鉄道本社を訪れ、後藤オーナーにシーズン途中から監督代行として指揮を執った今季の報告を行った。

 6月途中から伊原前監督の後を受けたが、5年ぶりのBクラスとなる5位と低迷。チームを立て直しきれず「計借金14に終わったことを謝罪した」という。

 ただ、後藤オーナーは「非常に厳しい状況、けが人も多い状況で良くやってくれた」と評価。正式に監督に就任した指揮官へ「投手力をとにかくしっかり補強する」と後方支援も約束した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース