栗山監督 今年は「裸でぶつかる」“先生”との決戦に闘志

[ 2014年10月15日 05:30 ]

<オ・日>稲葉に抱きつく栗山監督
Photo By スポニチ

パ・リーグCSファーストS第3戦 日本ハム2―1オリックス

(10月11日 京セラD)
 苦しみながらもレギュラーシーズン3位から勝ち上がり、日本ハムの栗山監督は「みんなが勝ちたいと必死になる姿がうれしかった」と喜んだ。

 リーグ優勝の一昨年は本拠・札幌ドームで3位・ソフトバンクに3連勝。全く逆の立場だが「一昨年は怖かったが、今年は裸で必死にぶつかれる」。相手は辞任を発表した秋山監督。「俺にとっては先生。福岡で戦いたいと思ってた」とあらためて闘志を燃やしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース