中田 4番の意地の同点弾 栗山監督「翔の本質が出ている」

[ 2014年10月15日 22:53 ]

<ソ・日>7回無死、左越え同点ソロを放つ中田
Photo By スポニチ

パ・リーグCSファイナルS第1戦 日本ハム2―3ソフトバンク

(10月15日 ヤフオクD)
 敗れはしたものの、日本ハムは4番の中田が2試合連続の一発を放ち、巻き返しへの好材料は手にした。

 1点を追う7回、それまで2安打に抑え込まれていた大隣から左翼へ同点ソロ。内角低めの114キロをすくい上げる技ありの一発には「うまく体が反応できた」と納得の様子だった。

 前夜のファーストステージ第3戦では、延長10回に決勝ソロを放った。栗山監督は「絶好調ではないけど、粘ってボールを拾えている。翔(中田)の本質が出ている」と、短期決戦で輝きを放つ主砲の働きを評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月15日のニュース