健大高崎 4投手で完封 群馬大会決勝ではノーヒットノーランも達成

[ 2014年8月19日 05:30 ]

<高崎健康福祉大高崎・利府>3番手で登板した高崎健康福祉大高崎・石毛

第96回全国高校野球選手権2回戦 高崎健康福祉大高崎10―0利府

(8月18日 甲子園)
 守っては高崎健康福祉大高崎の4投手が完封リレーを決めた。

 群馬大会決勝は3投手の継投でノーヒットノーランを達成。この日は先発した川井が5回4安打と試合をつくり「自分の球は絶対に打たれないという気持ちで投げた」。1回戦の岩国戦は2回3失点で降板していただけに、意地の78球だった。3番手で登板した1年生左腕の石毛は1回1安打。甲子園初登板に「独特の雰囲気。全部の方向から応援されたことがなかったので楽しかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月19日のニュース