村中 右ふくらはぎ打球当たり負傷、打席では右肩ひねる

[ 2014年8月19日 23:37 ]

セ・リーグ ヤクルト4―6巨人

(8月19日 神宮)
 ヤクルトの村中が6回1死で阿部の打球を右ふくらはぎに受け、この回限りで降板した。3回の打席で右肩をひねるアクシデントもあったが病院には行かず、足を引きずるようにして球場を去った。高津投手コーチは「一回(登板予定を)飛ばすくらいならいいが、悪くするとシーズンが終わってしまう」と心配顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月19日のニュース