オリックス 高校73発男を高評価 スカウト会議で高校生絞り込み

[ 2014年8月19日 05:30 ]

智弁学園の岡本

 オリックスは大阪市内でスカウト会議を行い、約30人に絞った高校生の順位付けなどを行った。

 評価が高まっているのが高校通算73本塁打を誇る強打の内野手、智弁学園の岡本。地元の関西出身ということも踏まえ、加藤康幸編成部長は「正直、地元の選手は1人、2人はいてほしいし、その意味でもフォーカスしている」と、語った。今後は約20人に絞った大学、社会人の選手と合わせ、9月下旬頃までに方向性を決める。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月19日のニュース