右手やけどで左投げに…佐久長聖・寺沢5回4失点も「悔いはない」

[ 2014年8月19日 15:17 ]

聖光学院戦に先発した佐久長聖・寺沢

第96回全国高校野球選手権大会2回戦 佐久長聖2―4聖光学院

(8月19日 甲子園)
 1回戦で好投した佐久長聖の寺沢は、5回4失点で両角にマウンドを譲った。調子は悪くなかったそうだが、5安打のうち4本が長打。内野ゴロや犠飛でしたたかに得点につなげる聖光学院を「相手が上だった。うまく点を取られた」とたたえた。

 3歳の時に右手をやけどしたことをきっかけに左投げになった。「左投手になって長聖に入れて、甲子園にも出られた。精いっぱい投げて打たれたので悔いはない」と笑顔ものぞかせた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月19日のニュース