3連覇中の侍女子が決意表明 大倉監督「ミスをしない選手を招へいした」

[ 2014年8月19日 15:00 ]

 2年に1度開催される女子野球の世界大会「第6回IBAF女子野球ワールドカップ2014宮崎大会」に出場する侍ジャパン女子代表が都内で記者会見を開き、決意表明を行った。

 侍女子は大会3連覇中で、大倉孝一監督は「4連覇を目指すため、ミスをしない選手を招へいした。1試合も落とせない戦いが決勝まで続く」と話した。

 第2回台湾大会から5大会連続出場となる志村亜貴子主将は「私たちが勝つことが女子野球の発展につながる」と気合いを入れた。大会は9月1日に宮崎市で開幕。侍女子は1日にオーストラリアを相手に初戦を行う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月19日のニュース