星稜の“ミラクル男” 今度は先制打「チャンスは大好物!」

[ 2014年8月19日 05:30 ]

<鹿屋中央・星稜>初回2死一、三塁、星稜・佐竹は左前に先制の適時打を放つ

第96回全国高校野球選手権2回戦 星稜4―1鹿屋中央

(8月18日 甲子園)
 イメージ一新の先制攻撃だ。大逆転で全国に名をとどろかせた星稜が初回から流れをつかんだ。

 2死一、三塁で打席に立った5番・佐竹は県決勝で9回に8点差逆転の最後を左越えサヨナラ打で飾ったミラクル男。「チャンスは大好物!」。左前への先制適時打でチームを勢いづけた。今春まで控え捕手で、ほぼ代打専門。県大会の活躍により甲子園では背番号12から9に昇格し、右翼のポジションを得た。初戦の静岡戦では6番を任されながら3打数無安打に終わり、逆転発進に沸くチームをよそに宿舎で黙々と素振りに励んだ。初戦の悔しさをぶつけ、監督のクリーンアップ起用に応えてみせた。

 ミラクル男の号砲に仲間も呼応した。3回に相手守備の乱れで勝ち越し、なおも1死一、二塁。今大会初スタメンの7番・今村の左前適時打で3点目をもぎ取った。打線を組み替えて「5~7番で勝負したい」と話していた林和成監督の作戦が的中。投手陣も奮起して逃げ切った。

 敦賀気比(福井)、富山商(富山)に続く夏2勝。北陸3県が揃って2勝以上挙げたのは史上初の快挙だ。佐久長聖(長野)、日本文理(新潟)も合わせた北信越勢で9連勝。雪深い地域の代表校が躍進している。「冬場の練習の成果でしょう」と同監督。ウエートトレや走り込み、ボールを扱わない地道な努力が夏に大輪の花を咲かせつつある。

 ≪北陸3県史上初2勝そろい踏み≫星稜が鹿屋中央に勝ち、富山、石川、福井の北陸3県が全て2勝した。49代表校制となった78年以降、初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月19日のニュース