田沢、痛恨の失策「焦りすぎた」

[ 2014年8月19日 13:23 ]

エンゼルス戦の8回に登板し、1回を2失点のレッドソックス・田沢

ア・リーグ レッドソックス2―4エンゼルス

(8月18日 ボストン)
 レッドソックスの田沢が満塁のピンチで「焦りすぎた」と痛恨の2失策を犯し、2点を失った。

 1―2の8回は四球や二塁打などで1死満塁を招き、4番ケンドリックを迎えた。併殺を奪いたい場面で初球のスプリットを振らせ、自身の前にゴロが転がったが、捕球し損ねた上に本塁へ悪送球し、2人の走者をかえした。

 好打者のトラウトを3球三振に仕留めるなど投球に力強さはあった。「何かつかめない。いい感じでバッターと対戦できていない」ともどかしそうだった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月19日のニュース