大阪桐蔭 福島 “因縁の対決”に3失点完投勝利!「借りを返そうと」

[ 2014年8月19日 18:04 ]

明徳義塾・大阪桐蔭 7回、2死満塁、代打・田中を二飛にしとめ、ガッツポーズする大阪桐蔭・福島

第96回全国高校野球選手権大会2回戦 大阪桐蔭5―3明徳義塾

(8月19日 甲子園)
 明徳義塾打線に10安打されながら、3失点で9回完投勝利を飾った大阪桐蔭のエース福島は「素直にうれしい。しんどかったけど、勝利することができたのでうれしい」と声を弾ませた。

 一番しんどかったことを聞かれると、5―1と4点リードで迎えた7回の2死満塁で、野手の間に落ちそうな当たりを二塁手の峯本がダイビングキャッチして防いだ場面を即答。

 1回戦の智弁学園(奈良)戦で代打3ランを放っている田中がまたも代打で登場して打席に立ち、ファウルで粘られた末のきわどい飛球だっただけに、「相手のバッターが(前の試合で)代打でホームランを打っている、いいバッターなので気持ちだけは負けないようにと思って投げました」とチームメートに感謝し、夏の甲子園で3年連続となった明徳義塾との対戦については「これも何かの縁だと思った。去年は負けているので先輩たちの分も借りを返そうと思っていた」と振り返った。

 大阪桐蔭が藤浪晋太郎投手(現阪神)を擁して全国制覇を果たした2年前の夏はアルプススタンドで観戦。「小さい時から憧れていた場所で、大勢の人が見ている中で野球ができて、うれしい気持ちでいっぱいです」と胸を張った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月19日のニュース