鹿屋中央 継投実らず…2番手米沢は大粒の涙

[ 2014年8月19日 05:30 ]

<星稜・鹿屋中央>涙で甲子園を去る鹿屋中央ナイン

第96回全国高校野球選手権2回戦 鹿屋中央1―4星稜

(8月18日 甲子園)
 鹿屋中央(鹿児島)は1回戦に続いて得意の継投に出たが、勝利に結び付かなかった。

 先発して5回3失点の七島は「初回からボールが浮いてしまった。粘れなくて悔しい」と肩を落とした。1―3の6回にバトンを受けた米沢も先頭への四球から1失点。「2点差だったらワンチャンスで返せる。1点、1球が悔やまれる」と大粒の涙を流した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月19日のニュース