大垣日大 初戦の再現ならず「向こうの投手が一枚上」

[ 2014年8月19日 05:30 ]

<三重・大垣日大>敗れた大垣日大ナイン

第96回全国高校野球選手権2回戦 大垣日大2―4三重

(8月18日 甲子園)
 大垣日大(岐阜)は3回に2点を返したが、8点差を逆転した初戦の再現はならず。

 阪口慶三監督も「打撃をさせてもらえなかった。向こうの投手が一枚上だった」と唇をかんだ。1回戦の藤代戦で4回2/3を10失点と精彩を欠いた背番号1の高田は2回無死一塁から救援。適時二塁打を浴びて4点目を与えたものの、その後は丁寧に低めを突いてゼロを並べた。汚名返上の好投に「最後にエースという投球ができた」と、すがすがしく言った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年8月19日のニュース